自作サイト型の特徴

 - 

自社の商品をたくさんの人に知ってもらい、販売をするという方法として有効的なのがネットショッピングです。ネットショッピングは今では当たり前のように行われていますが、企業によっていろんな形で運営されることになりました。ECサイトを立ち上げて運営するにあたり、二つの方法があります。一つは自分でサイトの運営をすることです。そしてもう一つはサイトを作成してそのサイトをモールに出店するという方法です。それぞれメリットデメリットがあり、ネット運営する目的に応じて選択しましょう。

参照ページ…ECサイト構築サービスを提供している【MODD】

そこで自作サイトの特徴として一番い大きなメリットは、自社の商品に対してより深く理解をして購入してもらうことができます。購入者が会社名や商品名を検索することでサイトを閲覧することになるため、自社の顧客化しやすいというメリットがあります。また自社サイトであれば、すべて自分たちが好きなようにサイトをカスタマイズすることもでき、よりいい方法で商品をアピールすることができます。モール型のように出店料やロイヤリティーを支払う必要がありますが、その分集客力が高いです。
自作サイトでは集約率が低い代わりに、コストがかかることが少ないというメリットはあります。お店のオリジナリティーを出したい人には自社サイトのほうがおすすめです。


モール型のと特徴

 - 

ネット販売を行う場合、多くの人に自社の商品サイトを閲覧してもらう必要があります。せっかく時間や費用をかけてHPを作成しても、閲覧件数が伸びなければ商品を知ってもらう機会すらなく、今の状態と全く変わりません。そこで自社の商品を知ってもらうための方法として活用されているのがモール型に出店もしくは出品するという方法です。

モール型の特徴としては、一つのサイトにいろんなジャンルのショップが出店することで集客力を高めつつ、ジャンルごとに商品の検索をしやすいなどの利点がたくさんあります。モールサイトにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。一つの会社がすべてを管理して、その中にショップごとの商品を扱っている総合管理型モールという形態があります。洋服を販売している会社のウェブサイトなどは一か所で管理され、各ブランドでサイトが分かれています。各サイトで買った商品は一括して管理されている会社ですべて決済ができ、商品の管理などもすべて行っています。

また出店をすること自体をビジネスとしてとらえているのが、モールトップ型です。モールトップが集客力を高めるイベントなどを企画し、そこにそれぞれの会社のECサイトが出店をするという方法です。そのほかにも商品だけを出店するマーケットプレイス型などもあり、どれも自分たちの会社で管理運営することには変わりがありません。


ECサイトで出店

 - 

今商売を行うにあたって、いろんな手段を選択することができます。お店を構え一人一人接客をすることが商売の基本としてきましたが、今ではお店を構えつつも他にも違った形でお店の売り上げることが可能になっています。その方法として活用されているのがECサイトです。

ECサイトとはあまり聞きなれなという人もいますが、ネットや通信販売などインターネットを通じて商品の販売やサービスを受けられるようにすることをさします。そのためには会社のホームページを作成して、独自に運営してウェブサイトで販売していくことになります。本来であれば、その場所に足を運ぶことでしか購入することができない特産物でも自宅にいながらインターネットで注文することができます。こういったウェブサイトを活用することで今までは目の前に見えていたお客さんだけが商売の対象だったのが、目にみえない不特定多数のお客さんを顧客さんになってもらうことができるチャンスとなります。

そこでECサイトを活用するためには、大きく分けて2種類あります。一つは自社で集客から販売まですべてを行うということです。商品の紹介から製造過程、会社の紹介などを掲載し、サイトへ訪問してくれた人たちに対して商品の魅力が伝わり購入意欲がわくようなサイトにしなくてはいけません。もう人一つはモール型に出店をするという方法です。よく多くの人が活用している楽天やアマゾン、yahooショッピングなどに出店をすることで、高い集客率を確保するという方法があります。どちらもメリットデメリットがあり、会社に適した方法で選択してみましょう。